プラグイン 2014-12-16

WordPressデータベースを最適化リビジョン下書きを削除する

wp-optimize0

今回は、簡単に現在利用しているWordPressのデータベースを最適化してくれる超便利なプラグイン【WP-Optimize】のご紹介です。
また、こちらのプラグインは、不要なリビジョンや自動下書きも一緒に削除してくれますので、とてもありがたいプラグインなんです。(いぃーんです!!ww)
【リビジョン】というものは、投稿記事を編集した時に元の投稿記事を残し、いつでも元の記事に戻れるようにしてくれるありたがい機能です。
ですが、リビジョンが増えれば増えるほど【データベース】もリビジョンの数だけ増えてしまうんです!!
実際一週間前に投稿した記事のリビジョンや自動下書きなんて不要だと思いません?
なので、データーベース内の不要なものを削除して、クリーンアップしてくれるのが、この【WP-Optimize】なんです。(WP-最適化サイコー)※HEROES、ヒロ・ナカムラっぽく言ってみましたwww

WP-Optimize インストール・利用方法

それでは、WP-Optimizeのインストールと設定方法のご紹介です。

プラグインのインストール・有効化

まずは、WP-Optimizeを管理画面の プラグイン > 新規追加の検索フォームに【WP-Optimize】と入力しWP-Optimizeをインストールして下さい。
インストール後は、有効化を忘れずに行って下さい。

wp-optimize

FTPソフトなどご自身でプラグインをアップロードして有効化する場合は、下記リンク先よりプラグインをダウンロードして下さい。

WP-Optimize

WP-Optimize 利用方法

プラグインを有効化しますと、管理画面のメニューに【WP-Optimize】というメニュー項目が追加されていますので、設定ページへ移動します。
利用方法は、とてもシンプルで必要なオプションにチェックして【PROCESS】をクリックするだけでOKです。
オプションは下記をご参考下さい。

wp-optimize1
Clean all post revisions
全ての投稿のリビジョンを削除
Clean all auto draft posts and posts in trash
全ての投稿下書きを削除
Remove spam comments and comments in
スパムコメントを削除
Remove unapproved comments
非承認コメントを削除
Remove transient options
一時的なオプションデータの削除
Remove pingbacks
ピンバックの削除
Remove trackbacks
トラックバックの削除
Optimize database tables
データベースのテーブルを最適化

基本的にリビジョン・下書き・スパムコメント・データベーステーブルにチェックを入れて【PROCESS】をクリックすれば、最適化が始まります。
一応、クリックする前にバックアップを推進します。

最後に【setting】のページを開きプラグインが自動でリビジョンの削除やデータベースの最適化を行うように設定したいと思います。
上記の方法は、手動でしたが、こちらの設定をすれば、WP-Optimizeが指定した期間で自動でクリーンアップを行ってくれるようになります。

wp-optimize2

上記画像のような設定で、2週間を過ぎたリビジョン・下書きなどを削除しデータベースを最適化が自動で行われます。
また、最後に【SAVE SETTINGS】をクリックして設定を保存しましょう。

上記でプラグインの設定方法の完了となりますが、人それぞれで設定などで変化すると思いますので、お好みで変更して下さい。

こちらの記事をシェアする

こちらの記事があなたのお役にたちましたら、シェアしていただけますと大変嬉しく今後のブログ更新の糧となりますのでどうぞよろしくお願いします。(^^♪

About

Glow-Facotryでは、無料・有料のWPテーマを配布・販売サイトです。また、Web関連やWPの記事・日常的(ゲームも)なことをブログを利用して発信して行きたいと思っております。
よかったら下記のフォローをお気軽にお願いします。

関連記事

コメント

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PREVIOUS simple-breadcrumb

CSSだけでシンプルなデザインのパンくずリストのコード

NEXT wood-texture

ホームページの背景画像にも使えそうな木目・ウッド系テクスチャ パック 10+