プラグイン

WordPressでテーブルを挿入出来るプラグインTablePress

table-press

今回は、WordPressで簡単にテーブルを挿入できるプラグイン【TablePress】のご紹介です。

WordPressで投稿したことがある方は、分かると思いますが、投稿編集画面のエディタ上にテーブル(表)を挿入するボタンがないんです。
なので、テーブルを挿入する場合は、ビジュアルエディタをカスタマイズしてボタンを加えるか、直接tableタグを記述しなくてはいけません。

直接tableタグを記述は、正直面倒くさいと思いますし、HTMLが苦手な人にとっては、直接タグ打ちは、苦痛だと思います。

今回ご紹介するWordPressプラグインを利用すれば、HTMLなど理解していなくても、簡単に投稿画面にテーブルを挿入出来ます。

TablePress インストール・有効

まずこちらのWordPressプラグインを利用するために、【TablePress】をインストールしていきたいと思います。

tablepress

まずは、管理画面からプラグイン > 新規追加 で【TablePress】と入力し検索をします。

検索をかけると上記画像のように【TablePress】プラグインが検索結果として表示されますので、【今すぐインストール】をクリックして下さい

インストール後は、プラグインの有効を忘れないようにして下さい。 また、ご自身でプラグインをダウンロードしてFTPなどでアップロードされる場合は、こちらからダウンロードして下さい。

テーブルの作成

プラグインを有効したら、次に今回利用する新しいテーブルを作成していきたいと思います。

テーブルの新規作成

新しくテーブルを作成するためには、管理画面から TablePress > 新しいテーブルを追加のページで作成していきます。

tablepress2

上記の画像のように必要項目を入力してきますが、後ほど変更などは可能です。

テーブルの編集

テーブルの新規作成が出来たら次に編集画面が表示されますので、こちらの画面でテーブルないのテキストなどの設定を行っていきます。

tablepress3

テーブルの内容には、テーブル内に表示したい文字などを入力してき、テーブルの操作では、列/行の削除・リンクの挿入・画像などの操作が可能です。
また、オプションも充実しており、マウスを行にのせていると行をハイライトや行毎に背景色を色分けなどのオプションも用意してあります。

さらにこの機能は嬉しい人には、嬉しいと思いますが、DataTables JavaScriptライブラリ機能を使って、テーブルの並べ替え・検索・水平スクロールなどの機能も使えます。
利用しない場合は、【DataTablesを使用】のチェックを外しましょう。

テーブルの挿入

それでは、上記で作ったテーブルを投稿画面に挿入していきたいと思います。

tablepress4

投稿編集画面を開くとエディタ上に【TablePress】のボタンが追加されていますので、クリックをします。

tablepress5

そうしますと、上記画像のように先ほど作成したテーブルが表示されていますので、【ショートコードを挿入】をクリックして、投稿本文内に挿入します。

上記までが、こちらの【TablePress】の基本的な使い方となります。
僕的には、投稿編集画面でテーブルが作成出来たら凄まじく使いやすいプラグインだと思いますが、このままでもHTMLが苦手という方には、便利なプラグインだと思いますね。

こちらの記事をシェアする

こちらの記事があなたのお役にたちましたら、シェアしていただけますと大変嬉しく今後のブログ更新の糧となりますのでどうぞよろしくお願いします。(^^♪

About

Glow-Facotryでは、無料・有料のWPテーマを配布・販売サイトです。また、Web関連やWPの記事・日常的(ゲームも)なことをブログを利用して発信して行きたいと思っております。
よかったら下記のフォローをお気軽にお願いします。

関連記事

コメント

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PREVIOUS wppolls

WordPressにアンケートフォームを実装 WP-Polls

NEXT categoryorder

WordPressのカテゴリーの順番を並び替えるプラグイン