プラグイン 2015-01-07

WP 不正アクセス防止 ログイン画面にパスワードを追加 Stealth Login Page

stealth-login-page

今回は、WordPressのログイン画面にもう一つのログインパスワードを追加出来るプラグインのご紹介です。
こちらのプラグインを利用すれば、Brute Force Attack(ブルートフォースアタック)や管理画面の不正アクセス対策を行うことも出来ます。

Brute Force Attack(ブルートフォースアタック)については、下記サイトが分かりやすく説明してありました。

また、Stealth Login Pageでは、追加したパスワードに【日本語】が使用できます。
利用方法は、下記を参照下さい。

Stealth Login Pageインストール・設定

それでは、インストールと設定方法をご説明したいと思いまうす。

インストール

stealth-login-page1

まずは、管理画面より プラグイン > 新規追加で【Stealth Login Page】を検索します。
検索後は、上記のようなStealth Login Pageのプラグインが検索結果として表示されると思いますので、【今すぐインストール】をクリックして下さい。

インストール後は、プラグインを有効化を行って下さい。

設定

プラグインを有効化しますと、管理画面メニューに設定 > Stealth Login Pageという項目が追加されていますので、クリックして設定ページに移動します。

stealth-login-page2

上記のようなページに移動しますので、必要項目を設定していきます。

  • Enable Stealth Mode : プラグイン利用の有無(チェックで利用)
  • Enter an authorization code : 追加のログインパスワード(日本語も可能)
  • URL to redirect unauthorized attempts to : ログインに失敗した場合のリダイレクト先URL
  • Email authorization code to admin : チェックで管理者メールアドレスにパスワード送信

上記を設定したら最後に【Save Settings】をクリックして設定の完了となります。

確認

最後にしっかりとログイン画面にパスワード項目が追加されているか確認します。
管理画面より一旦ログアウトして下さい。

stealth-login-page3

上記の赤枠に囲まれている部分が新しくログイン画面に表示されれば、無事に実装が完了となります。
赤枠の部分には、先ほどStealth Login Pageの設定ページで追加したパスワードを入力します。

最後に

こちらのプラグインを利用すれば、簡単に不正アクセス防止ができ、サイトのセキュリティ強化になりますので、是非導入していただきたいプラグインです。
また、通常のログインパスワードや追加のパスワードも8文字程度ではなくもっと長いパスワードや追加のパスワードを日本語にすれば、さらにセキュリティ強化もできると思います。
僕はいつも30~50文字以上のパスワードに設定しています。(やり過ぎだと思いますがwwww)

こちらの記事をシェアする

こちらの記事があなたのお役にたちましたら、シェアしていただけますと大変嬉しく今後のブログ更新の糧となりますのでどうぞよろしくお願いします。(^^♪

About

Glow-Facotryでは、無料・有料のWPテーマを配布・販売サイトです。また、Web関連やWPの記事・日常的(ゲームも)なことをブログを利用して発信して行きたいと思っております。
よかったら下記のフォローをお気軽にお願いします。

関連記事

コメント

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PREVIOUS tab-panel

CSS3とjQueryでシンプルなタブパネルを作成

NEXT preview

Photoshop チョコレートのテキストスタイルを5種類集めてみました