プラグイン

プラグインを使ってワードプレスの高速化の実験をしてみました

large_3832855830

今回は、ワードプレスの俗に言う【高速化を図れるプラグイン】を利用して、表示速度の計測の実験をしてみましたのでご紹介したいと思います。
WordPress(ワードプレス)で運営しているサイトの管理者にとって、ページ速度を速くするということは、一つの課題でもあると思います。

まぁ、遅いより速いにこしたことはありませんし、ユーザービリティの向上にも繋がりますしね

ワードプレスのサイトを高速化するプラグインって色々ありますが、全部のプラグインを入れるわけにもいかないしなるべくならプラグインは少ないほうがいいと思います。
なので今回の記事が、参考になれば嬉しいです。
また、今回は初心者の方にも分かりやすく難しい言葉などで説明せず、分かりやすくただ単に表示速度とGoogle PageSpeed Insightsのスコアの比較を行っております。 表示速度の計測は、【GTmetrix】を利用したいと思います。

表示速度を行うワードプレスサイト

表示速度の計測のサイトは、当サイトでも配布している【無料WordPressテーマ BLACK-WHITE】のデモサイトを利用したいと思います。

ワードプレス デモサイト

上記デモサイトを利用している、サーバーや利用中のプラグインは下記の通りです。

サーバー ロリポップ(ロリポプラン)
ワードプレスプラグイン Akismet Login LockDown Stealth Login Page WP Multibyte Patch
ワードプレステーマ BLACK-WHITE

サーバーに関しても、そんなにスペックがいいわではありません。いやむしろwpXにしようと思ってましたが、なんか【ロリポップっていう】名前に惹かれてしまいましたwww
利用しているプラグインも、テーマのデモサイトですので必要最低限しか入れていませんので、参考になるかどうか少し疑問もありますが、一応シェアしたいと思います。
利用テーマは、無料で配布しているワードプレステーマ【BLACK-WHITE】となります。
上記のサイトで今回は、プラグインを1つずつ有効化していきどのくらいの表示速度の向上に繋がったなどの実験をしていきたいと思います。
今回は、プラグインのインストール・設定方法は省きます。

今回利用するプラグイン

今回利用するプラグインは、5個となります。
下記のプラグインを1つずつ有効化してその都度計測して行きたいと思います。
1つずつとは、プラグインを有効化して計測したらそのプラグインを停止して次のプラグインを有効化して計測していくということです。
※プラグインを導入する前は、必ずバックアップを行って下さい。

  • WP Super Cache
  • W3 Total Cache
  • Quick Cache
  • DB Cache Reloaded Fix
  • EWWW Image Optimizer

高速化プラグインを入れる前のサイト状況

下記が高速化プラグインを導入前のスピード・スコア状況です。

default-1 default-2

GTmetrixの初期スピードは、そんなに悪くはないと思いますが、余計なプラグインも入れていませんし、画像もほとんど利用していませんしね。
Google PageSpeed Insightsの方は、モバイルの方が悪いですね。多分画像系の圧縮だと思います。
大体トップページ速度は、3秒から4秒ほどということで、果たして上記プラグインでどのくらいスピードが速くなるか楽しみです。
今回は、トップページのみを計測致します。

WP Super Cache

page-speed-1 page-speed-1-1

WP Super Cacheに関しては、Page load timeが、1秒ほど早くなりましたし、Google PageSpeed Insightsに関しては、ちょっと良くなった程度でしたが、体感的にサイトの表示速度が早くなった気はしました。

W3 Total Cache

page-speed-2 page-speed-2-1

W3 Total Cacheに関しては、WP Super CacheよりもPage load timeが、早くなりました。Google PageSpeed Insightsは、あまり変化はありません。

Quick Cache

page-speed-3 page-speed-3-1

Quick Cacheに関しても上記プラグインとほぼ同じ結果となりました。当然といえば当然と思いますが。

DB Cache Reloaded Fix

page-speed-4-1 page-speed-4

ページ速度やGoogle PageSpeed Insightsは、プラグインを入れていない状態よりもちょっと良くなったかな程度でした。

EWWW Image Optimizer

page-speed-5 page-speed-5-1

EWWW Image Optimizerに関しては、画像をあまりアップロードしていないので、効果的には薄いですが、多少の変化はあります。

上記を試してみて

上記をプラグインを試してみて、僕的にオススメのプラグインは、【WP Super Cache】【DB Cache Reloaded Fix】【EWWW Image Optimizer】かなと思います。
【EWWW Image Optimizer】は、Glow-Factoryでも導入しようと思います。
他の2つのプラグインもいいのですが、この3つのプラグインに関しては、【設定が簡単】なうえにしっかりと効果を出してくれるかな。wwww
【WP Super Cache】【DB Cache Reloaded Fix】【EWWW Image Optimizer】この3つのプラグインを有効化すれば、ある程度はWordPress(ワードプレス)の高速化が出来るのではないでしょうか?

もう一つ付けたすならば、Lazy Load(画像遅延プラグイン)のプラグインもいいかもしれません。

W3 Total CacheやQuick Cacheに関しても強力だと思いますし、設定なども豊富なのでしっかりと知識がある方にはオススメのプラグインだと思います。
また、ページ速度などに関しては、プラグインなどに頼る前に、一度ご自身のサイトを見直して、リクエスト数を減らしたり、画像を極力使わずCSSやアイコンフォントに変更するなりしてみるのも良いとは思います。

今回計測した速度に関しては、あくまでも参考程度にしてください。ご自身の環境によっては、前後しますので。

最後に、どうでもいい情報ですが、当サイトのGTmetrixでの表示速度は、【約2秒~3秒以内】ほどで、プラグインは【WP Super Cache】のみを利用して、サーバーは【VPS】です。
やはりWordPress(ワードプレス)である程度の表示速度などを求める場合などは、コストもあまりかからない【VPS】での運営もオススメします。
あっ、他にオススメのWordPress(ワードプレス)の【高速化を図れる】プラグインなどありましたら、教えてもらえると、嬉しいです(^^♪

こちらの記事をシェアする

こちらの記事があなたのお役にたちましたら、シェアしていただけますと大変嬉しく今後のブログ更新の糧となりますのでどうぞよろしくお願いします。(^^♪

About

Glow-Facotryでは、無料・有料のWPテーマを配布・販売サイトです。また、Web関連やWPの記事・日常的(ゲームも)なことをブログを利用して発信して行きたいと思っております。
よかったら下記のフォローをお気軽にお願いします。

関連記事

コメント

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PREVIOUS rss-thumbnail

WordPressのRSSに記事のアイキャッチ画像も表示する(抜粋表示方法も)

NEXT zarazara

Photoshop コンクリートや石などザラザラ感のテクスチャパターンパック