プラグイン

WordPressのリビジョン機能を設定出来るRevision Control

revision

今回は、WordPressのリビジョン機能を自分の思いのままの設定が出来るプラグイン【Revision Control】のご紹介です。

先日、WordPressの自動保存とリビジョンを無効にするスニペットという記事を書いたのですが、こちらの方法では、リビジョンを無効にしてしまいますので、リビジョンはいらないけど、やっぱり全然されないのは不安だから2回までは、リビジョンして欲しいなどといった、ワガママを聞いてくれるプラグインが【Revision Control】です。

リビジョンが増えすぎて困っているけど、無効にするのはちょっと不安という方は、こちらのプラグインを試してはイカかでしょうか?

Revision Control インストール・有効

まずこちらのWordPressプラグインを利用するために、【Revision Control】をインストールしていきたいと思います。

revision1

まずは、管理画面から プラグイン > 新規追加で【Revision Control】と入力し検索します。

検索をしますと上記画像のように【Revision Control】プラグインが検索結果として表示されますので、【今すぐインストール】をクリックして下さい。

インストール後は、プラグインの有効を忘れないようにして下さい。 また、ご自身でプラグインをダウンロードしてFTPなどでアップロードされる場合は、こちらからダウンロードして下さい。

Revision Control 使い方

プラグインを有効にしたら実際にリビジョン機能を任意の設定にしていきます。
設定は、管理画面から 設定 > リビジョン のページを開き設定をしていきます。
設定は難しい操作はなく直ぐに完了できると思います。

revision2

投稿や固定ページでの各リビジョンの最大保存数などを設定をしていきます。
リビジョンが不要と感じた場合は、選択項目に【保存しない】という項目もありますので、投稿・固定ページどちらかで不要と思われた方は、最初に選択しておくといいかもしれません。

また、リビジョン範囲を利用すれば、任意の保存最大数の数も作成が可能となっています。
その場合は、下記のようにカンマで区切って行きます。

revision3

以上でWordPressプラグイン【Revision Control】の使い方となります。

こちらのプラグインを上手く使いこなせば、WordPressのリビジョン(自動保存機能)とも仲良くやっていけるのかなーと思います。
通常じゃ、直ぐ自動保存x2ってなるんで、何回自動保存するんだよ!ってなりますし、自動保存されるたびにデーターベース上には残るので、その分容量も増え続け増すので、こちらのプラグインを利用して、リビジョンを制限しておけばいいですよね。

こちらの記事をシェアする

こちらの記事があなたのお役にたちましたら、シェアしていただけますと大変嬉しく今後のブログ更新の糧となりますのでどうぞよろしくお願いします。(^^♪

About

Glow-Facotryでは、無料・有料のWPテーマを配布・販売サイトです。また、Web関連やWPの記事・日常的(ゲームも)なことをブログを利用して発信して行きたいと思っております。
よかったら下記のフォローをお気軽にお願いします。

関連記事

コメント

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PREVIOUS post-title-count

WordPressの記事タイトルを文字数を制限して表示する

NEXT pushpress

GoogleにほぼリアルタイムでインデックスさせるWPプラグイン