プラグイン

WordPressで投稿記事や固定記事を複製(コピー)出来るプラグイン

postduplicator

今回は、WordPressで以前書いた記事を元に記事を複製出来るプラグイン【Post Duplicator】のご紹介です。

こちらのプラグインを利用すれば、投稿一覧画面で記事の複製リンクが表示され、記事の複製が可能です。
以前投稿した記事をベースに書きなおしたり、同じジャンルの記事を新しく投稿する場合に活用するととても記事を投稿する作業が捗ります。

Post Duplicator インストール・設定

まずこちらのWordPressプラグインを利用するために、【Post Duplicator】をインストールしていきたいと思います。

post-duplicator

まずは、管理画面から プラグイン > 新規追加で【Post Duplicator】と入力し検索します。

検索をしますと上記画像のように【Post Duplicator】プラグインが検索結果として表示されますので、【今すぐインストール】をクリックして下さい。

インストール後は、プラグインの有効を忘れないようにして下さい。 また、ご自身でプラグインをダウンロードしてFTPなどでアップロードされる場合は、こちらからダウンロードして下さい。

設定

次に【Post Duplicator】設定をしていくのですが、難しい設定もありません。
管理画面から ツール > Post Duplicator で設定ページを開きます。

post-duplicator1

Post Statusでは、複製後の記事のステータスの設定します。

  • Same as original : 複製する記事のステータスをそのままコピーします。
  • Draft : 複製後の記事を下書きでコピーします。
  • Published : 複製した記事を公開でコピーします。
  • Pending : 複製した記事をレビュー待ちにします。

Post Dateでは、複製後の記事の日時の設定を行います。

  • Duplicate Timestamp : 複製記事を複製元の記事の日時でコピーします。
  • Current Time : 複製記事を現在の日時でコピーします。

Offset Dateでは、複製した記事の時間を調整します。

使い方

post-duplicator2

プラグインを有効にし設定が終わりましたら、記事の投稿一覧画面に移動し、記事にマウスを乗せると【Duplicate 投稿】という複製リンクが表示されますので、クリックして下さい。

post-duplicator3

そうすると、上記画像のように【下書きとして記事が複製】されます。
また、複製された記事は分かりやすいように記事タイトルの後に【Copy】と記載されます。

使い所によっては、非常に便利なプラグインですので、利用して記事の書く作業の効率化が出来そうです。

こちらの記事をシェアする

こちらの記事があなたのお役にたちましたら、シェアしていただけますと大変嬉しく今後のブログ更新の糧となりますのでどうぞよろしくお願いします。(^^♪

About

Glow-Facotryでは、無料・有料のWPテーマを配布・販売サイトです。また、Web関連やWPの記事・日常的(ゲームも)なことをブログを利用して発信して行きたいと思っております。
よかったら下記のフォローをお気軽にお願いします。

関連記事

コメント

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PREVIOUS xserver0

手動でWordPressをエックスサーバーにインストール方法

NEXT googleanalytics

GoogleAnalyticsと連携するWordPressアクセス解析プラグイン