プラグイン

WordPressプラグイン画像を遅延して読込する【Lazy Load】

lazyload0

今回は、ブラウザのスクロールに応じて画像を遅延して表示してくれる、WordPressプラグイン【Lazy Load】のご紹介です。

通常Webページなどを開くと、ページに表示している画像は全てサーバーから一度ダウンロードされます。
この時、画像を多く使っている投稿記事などを表示する場合は多少時間がかかる場合があり、訪れたユーザーにストレスを感じさせますし、最悪、離脱という行動を撮るかもしれません。
そもそも、スクロールしなげれば見れない画像のために、ページのロード時間が長くなるのはなるべく避けたいところです。

なので今回は、WordPressプラグインの【Lazy Load】を利用して、スクロールに応じて画像を遅延表示させます。
こちらのプラグインを利用することによって、無駄なロード時間を短縮しページの高速化にも貢献出来るプラグインですので、画像などを多く使っている場合はこちらのプラグインの導入はオススメです。

導入に関しても、プラグインを有効にするだけで画像の遅延が実装出来ますので、初心者の方にも簡単に導入出来るプラグインです。

Lazy Load インストール方法

まずこちらのWordPressプラグインを利用するために、管理画面から【Lazy Load】をインストールしていきたいと思います。

lazyload

まずは、管理画面から プラグイン > 新規追加で【Lazy Load】と入力し検索します。

検索をしますと上記画像のように【Lazy Load】プラグインが検索結果として表示されますので、【今すぐインストール】をクリックして下さい。

インストール後は、プラグインの有効を忘れないようにして下さい。 また、ご自身でプラグインをダウンロードしてFTPなどでアップロードされる場合は、こちらからダウンロードして下さい。

上記まで完了すれば【Lazy Load】実装の完了となります。
また、プラグインを利用せずご自身でLazy LoadのjQueryプラグインをテンプレート内に読み込んで実装出来ます。

こちらの記事をシェアする

こちらの記事があなたのお役にたちましたら、シェアしていただけますと大変嬉しく今後のブログ更新の糧となりますのでどうぞよろしくお願いします。(^^♪

About

Glow-Facotryでは、無料・有料のWPテーマを配布・販売サイトです。また、Web関連やWPの記事・日常的(ゲームも)なことをブログを利用して発信して行きたいと思っております。
よかったら下記のフォローをお気軽にお願いします。

関連記事

コメント

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PREVIOUS thumbnails_url

WordPressでアイキャッチ画像のURLを取得して表示する

NEXT xserver0

手動でWordPressをエックスサーバーにインストール方法