プラグイン

WordPressで制作したサイトのリンク切れをチェックするBroken Link Checker使い方

今回は、WordPressプラグイン【Broken Link Checker】の使い方のご紹介をしたいと思います。
結構今更感半端ないですが、こちらのプラグインをインストール・有効化するとサイトの発リンク切れをチェックしリンク切れがあると管理画面内で確認が出来るとても役に立つプラグインです。

仮にリンク切れが発見されると、ダッシュボートなどに【リンクエラーを発見しました】という表示されます。

特にブログなどを運営されている方などは、他のサイトのリンクを記載する場面も多々ありますし、記事を書いていた当時はそのサイトが運営していたとしても時がたって封鎖されている場合なんかは、自分でいちいち確認など出来ませんので、こちらのプラグインに助けてもらいます。www

Broken Link Checkerをまだ導入していない方は、この機会に導入してみてはいかがでしょうか。

Broken Link Checkerインストール・使い方

それでは、インストールと使い方についてご説明をしていきたいと思います。

プラグインのインストール

link

まずは、管理画面より プラグイン > 新規追加で【Broken Link Checker】と検索します。

上記画像のように【Broken Link Checker】のプラグインが検索結果として表示されますので【今すぐインストール】をクリックしてインストールして下さい。

インストール後は、プラグインの有効化を忘れずに行いましょう。
また、ご自身でプラグインをダウンロードしFTPなどでアップロードする場合は、こちらよりダウンロードして下さい。

リンクエラーの確認

プラグインを有効化すると即座にリンクエラーのチェックがされます。
確認する場合は、【ダッシュボード】または【ツール > リンクエラーをチェック】で確認出来ます。

万が一リンクエラーが出た場合は、下記画像をのように表示されます。

link-2

link-1

リンクエラー(リンク切れ)を修正

次に、もしリンクエラーが出た場合は、すぐにでも修正をしなければいけませんので、管理画面より ツール > リンクエラーをチェックのページで修正をします。

link-3

リンクエラーが出ている場合は、上記画像のように表示されまうす。
ソースと言う項目ですが、こちらはリンクエラーが出ている記事のタイトルとなります。

修正方法に関しては、マウスを項目に乗せると【URLを編集】【リンク解除】【リンクエラーではない】【リンク切れから解除】のメニューが表示されます。
URLに適した方法で修正をします。
例えば、URLの記載ミスであれば、URLを編集から正しいURLに変更などで修正します。

上記のように簡単にリンク切れを発見してくれ、編集も安易に出来ますので、重宝するプラグインだと思います。

こちらの記事をシェアする

こちらの記事があなたのお役にたちましたら、シェアしていただけますと大変嬉しく今後のブログ更新の糧となりますのでどうぞよろしくお願いします。(^^♪

About

Glow-Facotryでは、無料・有料のWPテーマを配布・販売サイトです。また、Web関連やWPの記事・日常的(ゲームも)なことをブログを利用して発信して行きたいと思っております。
よかったら下記のフォローをお気軽にお願いします。

関連記事

コメント

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PREVIOUS font

デザイナーなら抑えておきたい15種類の英語フリーフォント素材

NEXT website7

アニメーション効果を利用した海外Webサイト 10選