プラグイン

僕がいつも行っているAll in One SEO Packの初期設定

allinoneseopack

今回は、僕がいつも行っているWordPressのSEO系プラグインの【All in One SEO Pack】の設定方法についてご紹介したいと思います。

All in One SEO Packは、SEO対策の総合的な管理・設定が出来る素晴らしいプラグインですが、その反面、設定項目が多いのが、ちょっと・・ですねwww。
なので、僕がいつも行っている設定が少しでも参考に慣ればと思い記事にしています。

また、現在利用されているWordPressのテーマのオプション機能・SEO最適化などで利用すべき設定と不要な設定もありますので、その辺りも少し記事に書いておきたいと思いますので、現在利用されているテーマのオプションを確認しながら設定をしていくといいかもしれません。

※あくまでも今回のAll in One SEO Packの設定は、僕個人としての設定ですので、ご自身のサイトの環境や状況に合わせて変更して下さい。

All in One SEO Pack インストール

まず最初に、【All in One SEO Pack】プラグインをインストールしていきたいと思います。

wp-seo-pack

まずは、管理画面より プラグイン > 新規追加で【All in One SEO Pack】と入力をし検索します。

上記画像のように【All in One SEO Pack】プラグインが検索結果として表示されますので、【今すぐインストール】をクリックして下さい。

インストール後は、プラグインの有効を忘れずに行って下さい。
また、ご自身でプラグインをダウンロードしFTPなどでアップロードされる場合は、こちらからダウンロードも可能です。

All in One SEO Pack 設定方法

ここから設定方法を記述していくのですが、現在利用されているテーマのオプション機能などで不要な設定もあると思います。
例えば、テーマオプションからGoogleアナリティクスコードの設定が出来る場合は、不要ではないが、All in One SEO Pack側でアナリティクスの設定をしなくてもよくなります。
上記の例に関しては、どちら側でも設定をしていいと思いますが、このようにSEOに最適化されているテーマを利用している場合は、重複箇所が何箇所が出てくると思いますので、そのあたりも箇所ごとに説明していきたいと思います。

※2015/02/26 : 現在当サイトで配布している全てのテーマに関しては、【Canonicalタグ】をデフォルトで出力していますので、当テーマをご利用されている場合は、チェックを外すことを推進します。

General Settings

wp-seo-pack2

上記の設定は、デフォルトの状態で設定しております
Canonical URLは、重複コンテンツ対策としてチェックを入れておきましょう。

当サイトで配布しているテーマやデフォルトで【Canonical】を出力しているテーマをご利用の場合は、【Canonical URLs】のチェックを外して下さい。

Home Page Settings

wp-seo-pack3

こちらの設定は、トップページ用の【タイトル】【ディスクリプション】【キーワード】を設定します。
また、キーワードなんて今は効果がないから必要ないという方は、次の設定の【Keyword Settings】で【利用停止】にチェックを入れるとキーワードが非表示になります。

こちらの設定に関しても、利用されているテーマによっては、オプションでトップページ用のタイトルやディスクリプションが入力出来る場合がありますので、どちらでも設定はしてもいいと思いますが、原則設定は不要かと思います。

Keyword Settings

wp-seo-pack4

上記のトップページ用にキーワードを入力したいので、【利用】にチェックを入れています。
他のチェックは全て外しています。
キーワードの設定が不要な方は、チェックを外して下さい。

Title Settings

wp-seo-pack5

各ページのタイトルを置き換えたり、タイトルをオリジナルで表示させたい場合は、【利用】にチェックして下さい。
基本的にSEOに最適化されているテーマをご利用されている場合は、こちらの設定は不要かと思います。
当テーマに関しても、原則不要となりますが、ご自身で変更を加えたい場合は設定して下さい。

Custom Post Type Settings

wp-seo-pack6

現在カスタム投稿タイプを利用している場合は【利用】にチェックを入れましょう。

Display Sttings

wp-seo-pack7

こちらの最初の設定は、投稿一覧画面に記事編集画面にあるAll in One SEO Packのオプションで入力した、タイトル・キーワードなどを表示・非表示の設定となります。

Google Settings

wp-seo-pack8

こちらの設定では、Google+やGoogleアナリティクスの設定が可能となっております。
基本的には、僕の場合はアナリティクスの設定のみしかしませんが、Google+の設定をする場合は、Google+のアカウントのURLを【Google Plus Default Profile】に入力します。

こちらの設定に関しても、現在利用しているテーマによっては、テーマオプションからアナリティクスの設定が出来るものを利用されている場合は、どちら共に入力してしまうと重複となりますので、どちらか一方を入力して下さい。
テーマオプションにアナリティクスの設定がない場合は、プラグイン側でアナリティクスの設定をしておきましょう。

Noindex Settings

wp-seo-pack9

こちらの設定では、検索エンジンに対してインデックスして欲しくないページを拒否する設定となっています。
僕の場合は、上記画像のようにチェックを入れています。

こちらもテーマによっては、デフォルトの状態でカテゴリーやタグのページには【noindex】されている場合がありますので、ご利用されているテーマによって設定を変更して下さい。

上記までが、僕がいつも行っているAll in One SEO Packの初期設定となります。

記事編集画面のSEO設定

設定が完了しましたら記事または固定ページ編集画面を開きますと、下記画像の用にAll in One SEO Packのオプション設定が表示されていますので、記事に合ったタイトル・ディスクリプションなどを入力していきます。

wp-seo-pack10

上記の設定で僕が記事に対して行っている設定は、上記画像に書いてある設定で十分かなと思います。

こちらの設定に関しても、現在利用しているテーマによっては、記事編集画面にSEOの設定が出来るテーマもありますので、その場合、どちら共に入力してしまうと、重複してしまいますので、テーマ側を利用するようにしますので、All in One SEO Packのオプション機能は、表示オプションより非表示にしておきましょう。
当サイトで配布している無料テーマに関しては、こちらの機能はございませんのでご利用されることを推進しますが、有料テーマリリース時に関しては、編集画面にてタイトル・ディスクリプション・キーワード・noindexの設定を出来るようにしますので、有料テーマをご利用される場合は、非表示にして編集画面では、入力はしないで下さい。

上記の他にも、【All in One SEO Pack】には、【XNLサイトマップ自動生成】【ソーシャルメタタグの生成】などの機能もありますが、今回は、All in One SEO Packの初期設定との事なので、割愛させて頂きますが、今後記事にしたいと思います。

最後に

最近では、SEOに最適化されているWordPressのテーマなどもありますので、All in One SEO Packを利用してないという方もいるとは思いますし、当サイトに関してもAll in One SEO Packプラグインはインストールはしていません。

僕個人的な意見ですが、テーマのオプション機能としてサイトのトップページタイトル・ディスクリプション・キーワード入力/Googleアナリティクスの設定/記事・固定ページ編集画面でのタイトル・ディスクリプション・キーワード・noindexの設定・テーマ自体のSEOの最適化がされていれば、All in One SEO Packを導入しなくても最低限の設定は十分に出来ると思います。
ですが、各ページタイトルの変更や細かな設定をしっかりとやりたい場合は、こちらのプラグインの導入をオススメ致します。

PS : 当サイトで配布しているテーマも今後は上記のような設定が簡単に管理画面上で出来る機能を加えたテーマをリリースしていきたいと思っております。

こちらの記事をシェアする

こちらの記事があなたのお役にたちましたら、シェアしていただけますと大変嬉しく今後のブログ更新の糧となりますのでどうぞよろしくお願いします。(^^♪

About

Glow-Facotryでは、無料・有料のWPテーマを配布・販売サイトです。また、Web関連やWPの記事・日常的(ゲームも)なことをブログを利用して発信して行きたいと思っております。
よかったら下記のフォローをお気軽にお願いします。

関連記事

コメント

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PREVIOUS efault-post-name-change

WordPressの管理画面メニューにある投稿の名前を変更する

NEXT photoshop_fairy_action_by_lieveheersbeestje-d4wf1oi

写真加工にフリーで使えるPhotoshopアクション 10選