初心者ガイド 2014-05-19

WordPressをインストール後にいつも僕が行っている初期設定

wp-setting

前回の記事【さくらスタンダードにWordPressをインストール方法】ではインストールした所で終わりましたが、今回は僕がWordPressをインストール後に行っている初期設定(セキリティ含む)をご紹介したいと思います。。

WordPress (ワードプレス)では、プラグイン・テーマを導入するだけで多様な機能を持ったブログやサイトを構築が出来ますし、SEOにも強いと言われています。
ですが、無料ブログや初めて利用される方は下記のようなお悩みを感じたことはないでしょうか?
インストール後に、あれ?
この後何をしたらいいんだろ?
サイト運営し始めていいのかな?
セキュリティ大丈夫かな?

やはり、初めてWordPressを導入された方や無料ブログから移行された方にとっては、設定する項目も多いですし、見慣れない項目もあるし、戸惑う方もいると思いますので、そんな方にこちらの記事を参考にして頂ければと思います。

初期設定と言いましても、やはり人それぞれで若干違うなどはあると思いますので、ご参考程度にご覧下さい。

初期設定の前に

まずは、管理画面(ダッシュボード)に慣れましょう。
ここは初期設定とは、全く関係ありませんがこれからブログやサイトを運営する方にとっては、サイト更新をするときに必ず入る管理画面となりますので、慣れておきましょう。

管理画面URLは、【http://ドメイン名/wp-login.php】にアクセスし、【ユーザー名】と【パスワード】を入力後ログインして下さい。
下記画像は管理画面のトップページになります。

dash

左側にあるメニューが管理メニュとなります。
メニューの【投稿】という項目からブログなどの投稿を行います。

メニューの名前を見れば大体の予測は出来ると思いますので、メニューをクリックしたからといってサイトに問題が生じるということは一切ありませんので初めてインストールした方などは、色々と触ってみるのも勉強にいいと思います。

※管理メニューの外観 > テーマ編集に関しては、初心者の方はまだ触らないほうが良いと思います。ここには、現在適応されているテーマのファイルや大事な関数用のファイルがあるため変に触って変更してまうと画面のレイアウトがおかしくなったり・真っ白になる場合があります※

また、上記の画像では分かりにくいですが本家がバージョンアップすると管理画面の上部に【WordPress ○.○.○ が利用可能です ! 更新してください。】という項目が常時表示されます。
あなたが使っているバージョンは古いバージョンですからバージョンアップして下さい。
ということですので、問題が無ければバージョンアップを行って下さい。

セキュリティ面からバージョンアップは積極的にしていきましょう。(プラグイン・テーマ等を使用している場合は、新しいバージョンとの互換性の有無を確認後バージョンアップなどをして下さい。)

プロフィール変更

まずは、プロフィールの変更から行います。
管理画面より ユーザー > あなたのプロフィール をクリックします。
現在は、インストール直後の初期設定中ですので追加ユーザーはいないと思いますので、現在ログインしているユーザー(管理者)の名前・連絡先・プロフィール情報・パスワードが変更可能となっております。
今回初期設定する項目は、【ツールバー】【ニックネーム】【ブログ上の表示名】【メールアドレス】の4つとなります。

wp-first-setting-1

上記画像の部分を変更してきます。

ツールバー

ツールバーなのですが、これはインストールした状態では、チェックボックスにチェックが入っている状態になります。
ダッシュボードにログインした状態でサイトを見ても分かると思うのですが、管理画面上部にあるツールバーがログインユーザーにはサイト表示中も表示されるということです。
ログインしていないユーザーには、表示されません。
僕はいつも邪魔くさいのでチェックを外しています

ニックネームとブログ上の表示名

次にニックネームなのですが、デフォルトでは、ユーザー名と重複していると思います。
【ユーザー名】はログイン時に使用しますので、ここの重複はセキュリティ上好ましくないので僕はいつも変更しています。
ニックネームを任意で構いませんので変更します。
変更しましたらその下のブログ上の表示名部分のプルダウンをクリックしますと先ほど入力した、任意のニックネームが表示されますので、【任意のニックネーム】に選択します。

メールアドレス

メールアドレスですが、こちらのメールアドレスは、WordPressをインストールした時に設定したメールアドレスが入力されていますので、もしいつも利用するアドレスではない場合などは有効なメールアドレスに変更します。

上記の設定後、【プロフィールを更新】をクリックし更新して下さい。

基本設定

setting

次に、管理画面より 設定の項目をクリックします。
そうしますと、右のような項目欄がメニューに表示されると思います。
今回のWordPressをインストール直後に初期設定で変更する項目は

  • 一般
  • 表示設定
  • パーマリンク

上記3つとなります。

一般

設定 > 一般では、サイトタイトル・キャッチフレーズ・サイトURL・メールアドレス・日付などのフォーマットなどが変更が出来ます。

キャッチフレーズ
catch

【キャッチフレーズ】でサイトのサブタイトル登録するんですが、デフォルトでは、【Just another WordPress site】ていう英語が登録されており、こんな文をずっと表示させるわけにはいけませんよね?
なので、オリジナル文に初期の段階で変更するか、削除しましょう。

メールアドレス
wp-first-setting-2

こちらのメールアドレスもいつも利用しているメールアドレスを入力します。

タイムゾーン・日付などのフォーマット
wp-first-setting-3

タイムゾーン・日付のフォーマット・時刻フォーマットに関しては、WordPressをインストール直後のデフォルトのままで、僕は使用しています。

上記を設定後【変更を保存】をクリックします。

表示設定

表示設定では、投稿数の変更・RSSなどの投稿表示・検索エンジンのインデックスを変更することが出来ます。

投稿数の変更
wp-first-setting-4

投稿数の変更では、サイトの1ページに表示する投稿数とRSSに表示する最新の投稿数を変更します。
投稿数などは、サイト毎などで変化すると思います。

RSSなどの投稿表示
wp-first-setting-5

この項目は、RSSでの表示を全文表示するのか抜粋のみを表示するのかを設定します。
WordPressをインストール直後は、全文表示になっていますので、僕の場合は抜粋のみを表示をしています。

検索エンジンでの表示
wp-first-setting-6

こちらの設定にチェックボックスにチェックが入っているとサイト全体に【noindex】が設定され検索エンジンに表示されなくなります。
もしサイトを運営している状態でチェックが入っている場合は、チェックを外しておきましょう。
また、WordPressをインストール直後やサイトを制作中の場合は、チェックを入れて検索エンジンを回避することも出来ます。

上記で変更しましたら【変更を保存】をクリックします。

パーマリンク

設定 > パーマリンクでは【カスタムURL】に変更します。こちらもWordPressをインストール直後の個別記事ページや固定ページのURLを見てもらうと分かるのですが、【http://ドメイン/?p=12】など美しくないURL構造となっています。

【カスタムURL】にすることによって記事編集画面にてパーマリンクの変更が可能となりますので、SEOの視点からも適切な美しいURLになりますので初期の段階から【カスタムURL】に変更します。

下記画像では、カスタム構造にチェックを入れ【/%category%/%postname%/】と入力していますが、この場合ですとカテゴリーのスラッグ名までURLに表示されます。
カテゴリー名を表示させたくない場合は、その上の投稿名にチェックを入れるといいと思います。

link

変更したら【変更を保存】で保存します。

パーマリンクを変更する場合は、必ずご自身のご利用のサーバーが【.htaccess】を設置出来るか必ずご確認下さい。設置が出来ない場合は、パーマリンクの設定はしないで下さい。

デフォルトでインストールされているプラグインを有効化

puraguin

プラグラムの知識があまりなくても、プラグインを利用すれば簡単に様々な機能などをサイトに追加出来きます。
是非、時間に余裕がある方は自分のサイトに合うプラグインを探してみるのもいいかもしれません。
まずは、WordPressをインストール直後にデフォルトのプラグイン有効化の方法ですが、管理画面より 【プラグイン】をクリックしましょう。

プラグインページを開きましたら、下記画像のようにインストールした直後では3つのプラグインがデフォルトでインストールされております。(まだ有効化はされておりません)

plugin

Akismet ※重要

Akismetプラグインは、コメント機能などを利用しているサイトでは必ず有効にして下さい。
なぜなら、このプラグインはスパムコメントを防止してくれる素晴らしいアンチスパムプラグインだからです。
どんな理由があろうともコメント機能を利用しているサイトは、【有効化】しましょう。もし有効化しない場合は、あなたは悪意のあるユーザーにスパムコメントをして下さいと言っているようなものです。
※Akismetに関しては、有効化をクリックしても有効になりません。
【APIキー】の取得と認証が必要になりますので、設定方法は下記リンクをご参考下さい。※

Akismetプラグインの設定方法

Hello Dolly

こちらのプラグイン正直有効化してもしなくてもどちらでも構いません。
簡単に言えば、管理画面の右上に英語の歌詞がランダムで表示されるだけです。
削除してもいいんですが、僕はせっかく初期からインストールされているので削除しにくいのでしてませんwww

WP Multibyte Patch ※重要

こちらも、日本語のサイトを運営するときは必ず【有効化】しましょう。
このプラグインは、日本語などのマルチバイト文字を修正・強化してくれるプラグインです。

ここで初期の段階で、有効化するプラグインは【Akismet】【WP Multibyte Patch】の2つです。
有効化にするためには、プラグイン名の下に有効化のリンククリックがあるので、クリックするだけで有効になります。
【Akismet】に関しましては、有効化をクリックしても、有効になりません。【APIキー】の取得と認証が必要になってきます※

セキュリティを強化

ここでは、初期の段階でセキュリティの強化を行います。
WordPressは、日本だけではなく世界全国で利用されており、その分悪質なハッカーなども存在しておりますので、しっかりと出来る限りのセキュリティ強化を行いましょう。

パスワードを強化

まず初めに、現在あなたのWordPress(ワードプレス)サイトのパスワードが、8文字以下または推測されそうなパスワードの場合すぐにでも英数字を含めた8文字以上の推測されにくいパスワードに再設定しましょう。

パスワードを再設定する場合は、プロフィール編集画面から再設定出来ます。

Akismet プラグインの有効化

こちらのプラグインは、デフォルトでインストールしているプラグインの一つのアンチスパムプラグインですので、しっかりと有効化しましょう。
有効方法については、下記投稿をご覧ください。

ログイン時のエラーメッセージの変更

ログイン時に【ログインID】【パスワード】が間違っているとエラーメッセージが表示されますが、この情報もハッカーに情報を一つ与えてしましますので、非表示にしときます。管理者が複数いる場合は、この設定はしないで下さい。
非表示の方法は、下記投稿をご覧ください。

wp-confing.phpのパーミションの変更

wp-config.phpファイルWordPressの中でもとても重要なファイルとなっております。パーミッションの変更を行います。
変更方法は、下記投稿をご覧ください。

wp-config.phpの保護

上記でも説明しましたが、wp-config.phpファイルWordPressの中でもとても重要なファイルとなっております。
ファイルの中には、データベースの情報や大事な情報がびっしり詰まっていますので【.htaccess】に下記コードを追加し保護しましょう。

# protect wp-config.php
<files wp-config.php>
order allow,deny
deny from all
</files>

【.htaccess】ファイルは、WordPressのディレクトリにあります。
FTPなどでダウンロード後、コードを記載してアップロードして下さい。
万が一無いのであればご自身で【.htaccess】をテキストエディタなどで作成して上記コードを記載後FTPなどでアップロードして下さい。

最後にテーマを選定

theme

それでは、最後にテーマを選定をしていきます。
管理画面より、外観 > テーマをクリックします。
そうしますと初期の段階では、3つのデフォルトテーマがインストールされております。

初期の段階では、デフォルトテーマでもいいとは思いますが、WordPressは世界中で利用されており、テーマも無料から有料まで沢山の種類が作成されております。
テーマを変更するだけで、サイトのイメージもガラリと変わりますし、やはりご自身の運営されるサイトに合うテーマ選びも一つの魅力でもあり楽しみでもあると思いますので是非ご自身のサイトに合うテーマを探してみてはいかかでしょうか?

当サイトが制作したテーマもありますので、ご参考までにどうぞ

WordPress(ワードプレス)テーマ一覧

最後に

上記までが、僕がWordPressをインストール直後にいつもやっている初期設定です。
人それぞれで、初期設定は若干違うと思いますがインストール直後は上記を試してもらえればいいかなとは思います。
また、セキュリティに関してはもっと詳しく後日記事にしたいと思いますし、上記で物足りないと思ったらセキュリティ用のプラグインなどで補ったり、FTPは使わずSFTPに移行したり、IP制限や管理画面をSSLにしてみてください。

僕も初めてインストールした時なんかは、色々な所触ってfunctions.phpをweb上で更新したり・パーマリンク何かを色々と試したりして画面が真っ白になったりと何回も痛い目に会いましたwwww
けどそんな経験などをしたことによって、対処法などを調べたりいい経験にもなりました。
なので、手順通りに進めるのもいいですが、自分で色々と試したりするのも自分だけのとてもいい経験になると思います。
それでは、これにてWordPress初期設定が終わりましたので、楽しいWordPressライフをお楽しみ下さい。

こちらの記事をシェアする

こちらの記事があなたのお役にたちましたら、シェアしていただけますと大変嬉しく今後のブログ更新の糧となりますのでどうぞよろしくお願いします。(^^♪

About

Glow-Facotryでは、無料・有料のWPテーマを配布・販売サイトです。また、Web関連やWPの記事・日常的(ゲームも)なことをブログを利用して発信して行きたいと思っております。
よかったら下記のフォローをお気軽にお願いします。

関連記事

コメント

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PREVIOUS install

【初心者記事】さくらのレンタルサーバーにWordPressをインストール方法

NEXT akismet

ワードプレス Akismetを設定・有効化してスパム対策