初心者ガイド 2014-05-15

【初心者記事】さくらのレンタルサーバーにWordPressをインストール方法

install

初心者向けにさくらのレンタルサーバーにWordPress(ワードプレス)を手動でインストールするご紹介です。

今回は、「ワードプレスって名前は聞いたことあるけど・・」
「どうやってインストールするか分からない」
「ワードプレスを利用したいけどネットがあまり詳しくない」
「これからワードプレスをインストールしてサイト・ブログを運営したい」
のような初心者向けに分かりやすくさくらインターネット(スタンダードプラン)に独自ドメインを設定してインストール方法をご紹介したいと思います。

また、あえて簡単インストールをせず手動でのインストールで、さくらの スタンダードプランを利用してお名前.comで取得した、独自ドメインを設定しWordPressをインストールする方法を紹介したいと思います。

最低限下記のご準備をお願い致します。

  • さくらのレンタルサーバ スタンダードプランの契約
  • 独自ドメインを取得
  • FTPをダウンロードしている(FTPのダウンロードはこちら)

こちらの記事では、さくらインターネットを選んでいますが、PHPとMySQLが使えるプランなら
ロリポップ!やwpXなどでも問題はないと思います。(各レンサバ毎でphpやmysqlのバージョンが違う場合がありますので必ずご確認下さい。)
今回は、【初心者向け】ですので、コストも抑えつつスペックも多少あり人気のレンタルサーバーが良かったので、さくらのスタンダードプランを例にあげてみました。やはり人気 = 多くの方が利用しているということなので、初心者の方でも躓いた時は、多くの解決策がネットに出ていると思いますので、今回は例としてさくらインターネットを利用してインストール方法をご紹介しております。

それでは、大まかな作業手順のご紹介です。

  1. 独自ドメインの設定
  2. FTPの設定
  3. 本家より日本語WordPressダウンロード・インストール
  4. データベースの作成
  5. 初期設定
  6. インストール完了

今回は、インストールだけではなく独自ドメインの設定とFTPの設定も行って行きます。
それでは、上記の流れでご説明していきたいと思います。

独自ドメインの設定

http

まずは、独自ドメインから説明していきたいと思います。
せっかくブログやWEBサイトを運営するなら自分だけのオリジナルドメインで運営した方がいいですよね。
また、しっかりとしたコンテンツを揃えていけば、SEO的にも有利と思いますので、独自ドメインでのサイト運営はメリットはあると思います。

それでは、お名前.comで取得した独自ドメインを今回利用するさくらのインターネットに設定をしていきたいと思います。
お名前.comで取得した独自ドメインをさくらのインターネットで利用する場合は、【ネームサーバー】を変更する必要があります。
まぁ実際はとても簡単です。作業時間は5分~10分もあれば終わります。

ネームサーバーの変更

まずは、お名前.comで取得したドメインのネームサーバーの変更をします。

下記のページに行きたいので、お名前.comにログインしてマイページから、ドメイン設定 > ネームサーバーの変更のページに入ります。

domeinnav

今回利用するのは、お名前.comで取得した【glowship.info】というドメインとなります。
こちらのページでは、今まで取得済みが一覧表示されます。それでは、今回は、【glowship.info】をさくらのレンタルサーバーに設定をしたいと思います。

左側のチェックボックスにチェックしドメイン名をクリックしその下の方の【他のネームサーバーを利用】をクリックします。

そうしますと下記のようなネームサーバー情報が記載されていると思います。

domeinnav2

上記のような記載がされている場合は、まだこちらのドメインはお名前.comに向いていることになりますので、さくらインターネットのネームサーバーに変更致します。

じゃぁ、さくらのネームサーバーの情報はどこに記載してるの?ですよね?

さくらインターネットにて確認

さくらのネームサーバーの情報を確認するためにまずは今回ご契約しているさくらのコントロール画面にログインします。
左下の方のドメイン設定から新しいドメインの追加をクリックし、5. 他社で取得したドメインを移管せずに使う・属性型JPドメインを使う(さくら管理も含む)のドメインの追加に進むをクリックしますと、下記のような画面が現れます。

sakura

上記画像の赤枠で囲っている部分が、今回契約しているさくらインターネットのネームサーバー情報です。

この2つのネームサーバ情報を先ほどのお名前.comのネームサーバーの部分と変更します。

  • ns1.dns.ne.jp
  • ns2.dns.ne.jp
domeinnav3

変更したら、確認画面へ進み完了して下さい。
このままでは、まだドメインの移行は完了しておりません!!
それでは、先ほどのさくらのレンタルサーバーのネームサーバーを確認したページに戻ります。

sakura2

そうしますと、今回お名前.comで取得したドメイン名を上記の用に記載し【送信する】をクリックします。
次の画面では、下記の【2.マルチドメインの対象のフォルダをご指定して下さい】に任意のフォルダを指定します。
このフォルダ指定は、今回設定する独自ドメインの専用フォルダとなります。
今回は、wordpressと指定していますが、ご自身の好きなフォルダ名で構いません。

sakura5

最後に【送信】をクリックし下記の赤枠の部分が、取得したドメインになっていれば、移行は完了です。

sakura3

ここまでが他社で取得したドメインの移行の手順となります。
一般的なレンタルサーバー等はネームサーバーさえ変更すれば移行出来ますので、そんなに難しいことではないと思います。

FTPの設定

今回は、フリーソフトのFFFTPを使いたいと思います。
FTPとは、ファイルを転送してくれるすごく役に立つソフトと思っていただければいいかなと思います。
今回は、ローカルのパソコンのファイルをサーバーに転送してくれるソフトですね。
FTPを使用するときは必ず転送するファイルは最低限ウイルスチェックを必ず絶対して下さい。

それでは、FTPの設定をしていきたいと思います。下記の画像をご覧ください。

ftp

FTPソフトを立ち上げると右のポップアップウインドウが表示されますので、新規ホストをクリックしますと左のポップアップウインドウが表示されます。
上記の画像は、今回契約したさくらのレンタルサーバーのFTP情報を入力した状態です。

FTPの情報の確認は、契約時に自動送信メールで送られてくる登録情報のメールに記載してありますし、コントロールパネルからも確認が出来ます。
また、ホストの設定名は任意の名前を指定可能です。分かりやすく【さくらスタンダードプラン】でも構いません。
【OK】をクリックし、設定したホストに接続します。

最後に、先ほどドメインで設定した任意のフォルダをアップロードして完了となります。
接続しますと【www】というフォルダがありますのでそのフォルダをダブルクリックしその直下に【wordpress】という空のフォルダをアップロードします。

アップロードする方法はドラック&ドロップで操作可能です。
今回僕は、先ほど設定したドメインに【wordpress】というフォルダを設定しました。

なので、空のフォルダにwordpressとフォルダ名を指定しましたが、ドメインの対象フォルダを違うフォルダ名にしている場合は、必ず同じフォルダ名にして下さい。

ftpg

日本語WordPressダウンロード

wpja

それでは、ここまでで【独自ドメイン】【FTPの設定】が完了しましたので、次に日本語のWordPress本体をダウンロードしインストールの準備をします。
現在 2014/5/15日現在でのバージョンは 3.9.1となっています。

ダウンロードはこちら

wpdownload

WordPressを設置

先ほどダウンロードしたzipフォルダをまずローカルで解凍して展開したいと思います。
フォルダの中身を見ると下記のような構成になっていますので全てのフォルダ・ファイルをFTPを利用して、今回利用する独自ドメインの直下にアップロードしたいと思います。
ファイル数が多いので多少時間がかかると思います、また、アップロードに失敗が続く場合は個別にアップロードして下さい。

wp

必要構成フォルダ・ファイルをアップロード

それでは、FTPソフトを立ち上げ先ほどのホストに接続後、空のフォルダをアップロードしたディレクトリに移動します。
今回利用する独自ドメインの直下にWordPressを設置したいと思います(例:http://glowship.info/でアクセスしたらWordPressで作成したサイトが表示されるということ)ので、下記のフォルダの直下に上記のフォルダ・ファイルを全てアップロードします。

ftpg

それでは、全てファルダ・ファイルをアップロードしましたら、今回利用する独自ドメインにブラウザでアクセスしてみましょう。
ブラウザで→http://独自ドメイン/ にアクセスして下さい。
アクセスすると下記のような画面になりますので、【設定ファイル作成する】をクリックします。

wperror

そうしますと、下記のような画面になり、赤枠で囲っている部分を全て入力しますが、
ここからは今回契約したさくらのレンタルサーバーのデータベースの情報が必要になってきます。

しかし、初期状態ではさくらのレンタルサーバーはデータベースが作成されておりませんのでご自身でデーターベースを一つ作成します。

wp

データベースの作成

まずは、今回契約したさくらのレンタルサーバーのコントロールパネルにログインし、アプリケーションの設定 > データベースの設定に入ります。
そうしますと、初期状態では下記のような画面になると思います。この状態では、データベースが一つもありませんので新規のデータベースを作成したいと思います。
【データベースを新規作成】をクリックします。

db

次に下記画像の、

db2
  • データベース バージョン
  • データベース名
  • 接続用パスワード
  • データベース文字コード

を入力していきます。基本的にデータベースのバージョンと文字コードは画像のようにしていれば問題無いと思います。
データベース名とパスワードは、後ほど必要になってきますのでメモするなりなんなりしときましょう。
全て入力を終えたらデータベースを作成するをクリックしましょう。

db3

上記のような画面が表示されれば、データベースの作成が成功です。
今回WordPressの設置に必要なデータベース情報を赤枠で囲んでみました。

  • データベース サーバー
  • データベース ユーザー名
  • 接続用パスワード
  • データベース

の情報が必要になってきますので、メモしておきましょう。(メモした情報を部外者の方には見せないで下さい。)

データベース情報を入力

それでは、先ほどのデータベースの入力画面に戻りデータベース情報を入力していきましょう。

wpdb

テーブル接頭辞という項目がありますが、デフォルトでは【wp_】となっておりますが、セキュリティを向上させるために必ずオリジナルに変更しておきましょう。全て入力し終わったら、【送信】をクリックします。

この部分のインストールは無事完了しました。と表示されたら【インストール実行】をクリックします。
万が一エラーなどが起こった場合は、データベースの情報が間違っている場合が多いのでしっかりと確認しましょう。

必要情報の入力

ここからは、初期のサイト名や管理者のログイン情報などを登録していく設定に入ります。
もうここを終わればもうすぐで完了ですので頑張りましょう。

wps

上記の必要入力欄を全て入力していきます。

  • サイト名 : サイトタイトルを入力
  • ユーザー名 : ユーザー名を入力(ダッシュボードログイン時に必要になります)
  • パスワード : 推測されにくいパスワードを入力(ダッシュボードログイン時に必要)
  • メールアドレス : 有効なアドレスを入力
  • プライバシー : 何らかの理由で検索エンジンを回避したい場合はチェックする
パスワードの強度インジケータは、必ず【非常に強力】にするように入力して下さい。
どこかにメモしていれば、乱数でも僕はいいと思います。
ユーザー名とパスワードは、ログイン時に必要になりますので何処かにメモしときましょう。
また、今回のインストール後にまだサイトを公開したくない場合(サイトがまだ未完成の場合など)は、プライバシーの項目にチェックをすれば、検索エンジンを回避出来ます。
この項目は、後で管理画面から変更出来ますので、サイトを公開出来る状態となったらチェックを外しましょう。
それでは全ての項目の入力を終えたら、【WordPressをインストール】をクリックします。

WordPressインストール完了

下記のような画面が表示されましたら、無事にインストールが完了しました。

wpss

それではログインをしていきましょう。
先ほど入力した、ユーザー名パスワードを入力していきます。

wplogin

ログインに成功したら、アクセスしてしっかりとサイトが表示されれば、WordPressのインストール完了となります。

demo

最後に

とても記事が長くなりましたが、独自ドメインの設定やさくらのレンタルサーバーの設定からWordPressのインストール方法はどうでしたでしょうか?
また、文章力がとてもなく申し訳ございませんwwww

独自ドメインの設定やFTPの設定は必要ないかなと思ったのですが、ほどんどの方が独自ドメインにWordPressを設置すると思いましたし、初心者の方にも一連の流れを知ってもらいたいと思いましたので、今回は一連の流れの中に組み込んで紹介させて頂きました。

最初はとても難しく感じるかと思いますが、どんな方でも最初は通る道だと思いますので、諦めずWordPressをインストールに挑戦してみて下さい。
また、今回はFTPを使用しましたが、本来はSFTPを利用するのが安全でいいと思いますし、インストールしたあとのセキュリティ対策をしたほうがいいと思います。

下記記事にてWordPressをインストール後の僕がいつもやっている初期設定(セキュリティ含む)を公開しましたので、ご参考頂ければと思います。

所々初心者の方には、難しい所もあったかとは思いますが、難しいから諦めるのではなくしっかりと理解すれば、難しかったに変わるとは思いますので諦めず是非挑戦してみてください
まだご自身でWordPressをインストールしたこと無い方は、是非この機会にインストールしてみてはいかがでしょうか?
また、別にさくらのレンタルサーバーだけではないので、格安からスペックのいいのまであります。

なので、ご自身のサイトに合うレンタルサーバーを選ぶことや探すのもいいかもしれませんし、勉強になることもあります。

インストール後は、ご自身のサイトに合う【テーマ】や【プラグイン】などを有効にしていけばオリジナルあふれるサイト/ブログが出来上がってくるはずです。

ps:当サイトで配布・販売しているWordPressテーマを利用していただければとても嬉しいです。

こちらの記事をシェアする

こちらの記事があなたのお役にたちましたら、シェアしていただけますと大変嬉しく今後のブログ更新の糧となりますのでどうぞよろしくお願いします。(^^♪

About

Glow-Facotryでは、無料・有料のWPテーマを配布・販売サイトです。また、Web関連やWPの記事・日常的(ゲームも)なことをブログを利用して発信して行きたいと思っております。
よかったら下記のフォローをお気軽にお願いします。

関連記事

コメント

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

最後の記事です

NEXT wp-setting

WordPressをインストール後にいつも僕が行っている初期設定