WordPress プラグイン使わずカスタムクエリをキャッシュしてブログの表示速度を向上

custom-query-cache

WordPressを使って制作したサイトに関しては、キャッシュ系のプラグインを導入すれば、簡単に表示速度などを向上出来ると思います。
僕もその内の一人で、【WP Super Cache】を愛用しています。
ですが、何らかの理由でキャッシュ系のプラグインが使えない場合や特に【Welcart】のプラグインを利用されている方は、WP Super Cacheは、プラグイン作者さんが非推進していますので利用していないと思います。

ですが、WordPress自体が動的なページを生成しますので、なるべくならキャシュ出来るところはキャッシュさせたほうが表示速度の向上になると思います。
なので今回は、WordPressのカスタムクエリをキャッシュするコードのご紹介をしたいと思います。
意外と簡単に出来ますので、実装してみてもいいかもしれません。

カスタムクエリをキャシュするコード

<?php
//データベースからキャッシュデータを取得
if ( false === ( $post_item = get_transient( 'special_query_results' ) ) ) {
//キャッシュがなかったらカスタムクエリを発行
     $post_item = new WP_Query(array('post_type'=>'post','posts_per_page'=>'10'));
//保存したカスタムクエリをデータベースに保存
     set_transient( 'special_query_results', $post_item );
}
?>

あとは、いつもどおり【$post_item】でループを記載すればOKです。
上記のコードでは、WordPressのTransients API を使用してデータに名前を指定してデータベース内に保存する標準的な方法です。
Transients API については、下記リンク先をご確認下さい。

Transients API

こちらの記事をシェアする

こちらの記事があなたのお役にたちましたら、シェアしていただけますと大変嬉しく今後のブログ更新の糧となりますのでどうぞよろしくお願いします。(^^♪

About

Glow-Facotryでは、無料・有料のWPテーマを配布・販売サイトです。また、Web関連やWPの記事・日常的(ゲームも)なことをブログを利用して発信して行きたいと思っております。
よかったら下記のフォローをお気軽にお願いします。

関連記事

コメント

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PREVIOUS wp-customize-biouroku

WordPress 管理画面のヘルプタブを非表示にする 【備忘録】

NEXT ps-brush-xmas

PhotoShop ちょっと早いけどクリスマスデザインに使える フォトショ ブラシ