WordPressで記事の投稿数を取得して表示する

wp-count-posts

今回は、WordPressで投稿した記事の投稿数を取得するテンプレートタグ【wp_count_posts();】の使い方をご紹介したいと思います。
通常は、現在の投稿数をなどを見る機会があるとすれば、管理画面上の【ダッシュボード】や【投稿一覧】などに表示されている◯◯件の投稿だと思います。
この◯◯件の表示をサイト上でも、表示させたい時は、テンプレートタグの【wp_count_posts();】を利用します。

若干、あんまり利用することのないテンプレートタグですが、あんまり利用しないからこそ自分の備忘録としてもここに残しときたいと思います。

wp_count_posts(); 使い方

まずは、単純に通常の投稿記事の公開記事件数を取得してみたいと思います。

<?php $post_count = wp_count_posts()->publish; ?>

上記の【publish】の部分は投稿ステータスを指定します。
他のステータスに関しては、下記をご覧ください。

プロパティ内容
publish公開
future予約投稿
draft下書き
pendingレビュー待ち
private非公開
trashごみ箱
auto-draft自動下書き
inherit継承記事

次に上記で取得した投稿数を表示させたいと思います。
下記コードを表示させたい場所に貼り付けて下さい。

<?php 
	$post_count = wp_count_posts()->publish; 
        echo $post_count;
?>

また、カスタム投稿タイプ名や投稿タイプを指定すれば固定ページ・カスタム投稿の件数も取得可能です。
例えば、お知らせ(news)というカスタム投稿の件数を取得し表示させる場合は、下記のコードのようにします。

<?php 
	$news_post_count = wp_count_posts('news')->publish; 
        echo $news_post_count;
?>

以上となりますが、必ずどこかでこのテンプレートタグを使おうと思います。www
このブログでは、◯◯◯◯件の投稿記事を公開してます!!みたいな感じでもいいかもしれません。www

こちらの記事をシェアする

こちらの記事があなたのお役にたちましたら、シェアしていただけますと大変嬉しく今後のブログ更新の糧となりますのでどうぞよろしくお願いします。(^^♪

About

Glow-Facotryでは、無料・有料のWPテーマを配布・販売サイトです。また、Web関連やWPの記事・日常的(ゲームも)なことをブログを利用して発信して行きたいと思っております。
よかったら下記のフォローをお気軽にお願いします。

関連記事

コメント

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PREVIOUS snippet-login-email

【WordPressスニペット】メールアドレスやユーザー名でも管理画面にログインする

NEXT animal

Photoshopちょっと珍しいゼブラ柄などのアニマル柄パターン