関数

WordPressのショートコードをテーマ内にあるファイルで利用する関数

do-shortcode

今回は、WordPressで利用できるショートコードをテーマ内にあるファイルで利用できる関数【do_shortcode】のご紹介です。

じつのさい(実際。最近ハマってこんな言い方してます。)ショートコードって投稿記事内に利用するのがほとんどだと思います。
自作・テーマに標準装備・デフォルトのショートコードを利用すると思います。

ですが、時とたまにテーマ内にある任意の場所にショートコードを貼り付けて、表示させたい場合があります。
この多くの場合は、プラグイン関係ですが、代表的なものでいうと【Contact Form 7】ですね。
Contact Form 7が、ショートコードを利用して任意の場所などに表示させるのですが、そのままショートコードだけをファイル内の任意の場所に貼り付けても、表示されません。
なので、今回利用する関数を利用して、表示させたいと思います。

ショートコードをテーマ内にファイルの任意の場所に表示

下記コードを、ショートコードを表示させたい任意の場所に貼り付けて下さい。

<?php echo do_shortcode('[contact-form-7 id="00" title="contact"]'); ?>

今回は、代表的な例としてWordPressプラグイン【Contact Form 7】のショートコードを利用していますが、その他のショートコードも利用する場合は、同様にシングルクォーテーションで囲むだけです。

<?php echo do_shortcode('ここにショートコードを入力') ?>

こちらの記事をシェアする

こちらの記事があなたのお役にたちましたら、シェアしていただけますと大変嬉しく今後のブログ更新の糧となりますのでどうぞよろしくお願いします。(^^♪

About

Glow-Facotryでは、無料・有料のWPテーマを配布・販売サイトです。また、Web関連やWPの記事・日常的(ゲームも)なことをブログを利用して発信して行きたいと思っております。
よかったら下記のフォローをお気軽にお願いします。

関連記事

コメント

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PREVIOUS slider-wide

ダイナミック感Good! 画面幅いっぱいのコンテンツスライダー

NEXT google-xml-sitemaps

必須WPプラグイン Google XML Sitemaps使い方