ツール

ブログ記事の画像をアップロードする前に画像を圧縮してサイトスピードを向上させよう

kraken

今回は、画像を圧縮して最適化してくれるWebサービスkraken(クラーケン)を紹介したいと思います。
画像を圧縮して最適化することにより、ページ速度の向上にもなりますしSEO・ユーザービリティにもいいかと思います。
まぁサイトスピードは、遅いより速いにこしたことはありませんよね。
特にブログ記事などを書いている方で、写真や画像などを、そのままアップロードしている方は、サイズがもったいないかと思います。
画像や写真が、【メイン】なんだよ。という方は、別ですが
余計なサイズを落とした画像を、アップロードしてサイトパフォーマンスを向上させましょう。
こちらのkrakenでは、無料で利用が出来ますが、無料の範囲内があり、1つの画像サイズが1MBを超える画像を無料だと圧縮することは出来ません。
圧縮するには、有料に移行する必要があります。
実際、ブログ記事で1MB以上の画像なんてアップロードしないと思いますが、スマホやiPhoneの画像をそのまま利用すると1MBを超える場合もあるようですね。
それでは、下記よりKrakenの使い方と実際に圧縮前と圧縮画像を比べてみましたので、ご参考頂ければと思います。

画像圧縮サービスKrakenの利用方法

まずは、Krakenにアクセスして下さい。
アクセスしますと下記のような画面が表示されますので、今回は無料で利用したいとので【Try Free Web Interface】という灰色のボタンをクリックします。

kraken-1

次に圧縮した画像を下記画像の赤枠の部分にドラッグ&ドロップすれば、画像の圧縮をしてくれます。
注意して欲しいのが、無料の範囲だと元画像のサイズが1MBを超えていると圧縮が出来ません。

kraken-2

圧縮が完了すると【Download this file】という緑色のボタンが表示されますので、クリックして画像を保存すれば、圧縮完了となります。
また、この時に圧縮後の画像サイズなども表示されます。

kraken-3

実際に元画像と圧縮した画像比べてみました

今回は、下記のTwitterのシェアボタンを圧縮してみたいと思います。
元画像の詳細は、下記のようになっております。

  • 画像形式 : .png
  • 大きさ : 72 x 54 (px)
  • サイズ : 約3.51KB
twitter-share-button

それでは、画像の圧縮をKrakenで行ってみたいと思います。

kraken5

元々の画像が小さくてサイズの変化はあまりありませんが(画像の選択ミスです、すいません)、61%ほどの圧縮に成功しています。
元画像のサイズが、3.51KBに比べ圧縮後のサイズは、1.37KBになっています。
肝心の画像の見た目ですが下記の元画像と圧縮後の画像をご覧ください。

圧縮前 元画像 twitter-share-button
圧縮後 画像 twitter-share-button (1)

上記を見ても分かるように、見た目はほぼ変わらないと思います。
こちらの、圧縮サービスを利用すれば、サイトのスピード向上にも繋がりますし、何よりサイトスピードを向上すれば、ユーザービリティの向上にも繋がると思います。
是非、利用して見てください。
また、こちらのKrakenでは、WordPressのプラグイン【Kraken Image Optimizer】としてあるみたいなので、そちらの利用方法もその内書きたいと思います。

こちらの記事をシェアする

こちらの記事があなたのお役にたちましたら、シェアしていただけますと大変嬉しく今後のブログ更新の糧となりますのでどうぞよろしくお願いします。(^^♪

About

Glow-Facotryでは、無料・有料のWPテーマを配布・販売サイトです。また、Web関連やWPの記事・日常的(ゲームも)なことをブログを利用して発信して行きたいと思っております。
よかったら下記のフォローをお気軽にお願いします。

関連記事

コメント

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PREVIOUS brushes

Photoshop無料のレンズフレアや光のエフェクトブラシセットまとめ

NEXT slide-menu

プラグインは使わずスマホのメニューに実装 jQuery 水平スライドメニュー