ツール 2015-01-20

30秒でWebサイトがGoogle基準のスマホ対応なのか確認するツール

large_4382372758
photo credit: Johan Larsson via photopin cc

今回は、自身のWebサイトやブログがGoogle基準のスマホ対応に達しているか確認するGoogleディベロッパーズのモバイルフレンドリーテストのご紹介です。

こちらのツールを利用すれば、自身のサイトが最終的にGoogle基準のモバイルフレンドリーなのかを確認でき、テストに【クリア】すると、スマホ版Googleで【スマホ対応】というラベルが検索結果に表示されます。
テストは下記リンク先より利用できます。

Google Developers モバイルフレンドリーテスト

モバイルフレンドリーテスト利用方法

利用方法は、とても簡単で下記サイトにアクセスして【URL】を入力する欄がありますので、自身のサイトのURLを入力します。
レスポンシプ・動的な配信でスマホに対応している場合は、URLはPCと同じURLを入力すればいいのですが、パソコンとスマホを別々のURLでサイトを構築している場合などは、スマホに対応しているページのURLを入力して下さい。

URL入力後は、少し待てば、下記のように結果が表示されます。

mobile-friendly-test

結果が【クリア】ならば上記のように表示されます。
また、Webサイトやブログのスマホ表示に問題がある場合は、下記のように問題点と一緒に【モバイルフレンドリーではありません】と表示されます。

mobile-friendly-test2

上記のように、モバイルフレンドリーではないと判断された場合は、問題箇所を把握して対応された方がいいかと思います。
また、現在ではスマホに対応するには、【レスポンシブ】【動的な配信(ダイナミックサービング)】【PC/スマホを別々URLで配信】の3種類が考えられますが、通常のブログやサイトでは、別々のURLで配信は理由がない限りオススメはしません。

3種類のスマホ対応にもメリット・デメリットがあると思うのですが、やはりGoogle的にはレスポンシブデザインを【ちょい押し】しているようです。
当サイトのスマホ対応に関しては、動的な配信(ダイナミックサービング)でスマホには対応させています。

当初は、レスポンシブで構築していくつもりでしたが、時間もなく・面倒な作業かなーという理由で動的な配信で対応させているのですが、サイトリニューアルなど今後する場合は、レスポンシブにしようと思っています。

僕的には、やはりレスポンシブの一番のネックが、実装の面倒ささかなーとつくづく思います。
「PC側でこんな実装をしたいんだけど、あぁーレスポンシブだからこっちの実装にしとこう。」なんてことが多々ありしっかりとした計画が必要になり、動的な配信でスマホに対応させる時と比べて時間や面倒くささが倍増する気がしますwww

話がだいぶそれましたね、すいませんwww
是非Google Developersのモバイルフレンドリーテストを利用して、現在自身のWebサイトやブログがフレンドリーなのか確認してみて下さい。

こちらの記事をシェアする

こちらの記事があなたのお役にたちましたら、シェアしていただけますと大変嬉しく今後のブログ更新の糧となりますのでどうぞよろしくお願いします。(^^♪

About

Glow-Facotryでは、無料・有料のWPテーマを配布・販売サイトです。また、Web関連やWPの記事・日常的(ゲームも)なことをブログを利用して発信して行きたいと思っております。
よかったら下記のフォローをお気軽にお願いします。

関連記事

コメント

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PREVIOUS custom-post-archive-url

カスタム投稿のアーカイブページURLを取得し出力する方法

NEXT timthumb

Photoshop 吹き出し素材を少し集めてみました 5選