アクセス解析

Googleアナリティクスコードをコピーされた場合の対処法

AL101_natuin0420140830001

Googleアナリティクスコードをコピーされるような場合って、ほとんどないと思いますが、 先日というか、今日いつものように無料のアクセス解析ツールのGoogleアナリティクスを見ていた所、当サイトのデモサイト用として使用している。
URL:demo-glow.comに見知らぬページがのアクセス数が表示されていました。
該当のディレクトリは、gold/・・・・・から始まっていて、実際そんなページ作った覚えもありません。
参照元やらなんやら調べた結果、楽天さんに出店されているお店の方が、こちらの記事のコードと一緒にGoogleアナリティクスのコードまでコピーされたようです。
gold/というディレクトリから始まりますので、楽天goldを利用していると思われますが、Googleアナリティクスのコードのコピーは勘弁して下さい。と言いたいのですが、当サイトもアナリティクス側で最初から指定ホストのみのフィルタをしておかなかったのも悪いと思いますし、コピーされた方は間違えてコピーされたと思いますし、その後連絡をしたらすぐに外してもらえたので良かったです。

なので今回は、Googleアナリティクスのフィルタを利用して、指定したホスト名のみアクセス数などを計測する方法のご紹介です。
こちらを利用すれば、万が一他者にご自身のサイトをコピーされた場合やGoogleアナリティクスのコードをコピーされた場合に、計測データの混在を防ぐことが出来ます。
利用方法は、下記にも詳しく解説してありますので、ご確認下さい。

利用方法

今回計測したいホスト名は、【http://www.demo-glow.com】と【http://demo-glow.com】とします。
まずは、ご自身のGoogleアナリティクスにログインをします。
ログイン後は、アナリティクス設定 > ビュー > フィルタの画面を開き新しいフィルタをクリックして設定をしていきます。

  • フィルタ名 : 任意のフィルタ名を指定します。
  • フィルタの種類 : カスタムに設定して【一致】とします。
  • フィルタのフィールド : ホスト名にします。
  • フィルタパターン : 正規表現で【^(www\.)?demo-glow.com$】ドメインは、ご自身が利用するドメインに変更して下さい。
analytics-filter

上記の設定をして【保存】をクリックすれば、完了となります。
簡単に設定出来ますので、僕も最初からこの設定をしとけば良かったと思っています。

こちらの記事をシェアする

こちらの記事があなたのお役にたちましたら、シェアしていただけますと大変嬉しく今後のブログ更新の糧となりますのでどうぞよろしくお願いします。(^^♪

About

Glow-Facotryでは、無料・有料のWPテーマを配布・販売サイトです。また、Web関連やWPの記事・日常的(ゲームも)なことをブログを利用して発信して行きたいと思っております。
よかったら下記のフォローをお気軽にお願いします。

関連記事

コメント

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PREVIOUS multiscroll

スクロールアニメーションが斬新!! jQueryプラグイン【multiScroll.js】使い方

NEXT hunterxhunter

HUNTER×HUNTER バトルオールスターズ VS.シャウアプフ(上級) を攻略したパーティメンバー